日本ののぼり旗について

のぼり旗は、長方形の布の長辺の一方と上辺を竿にくくりつけた、日本の伝統的な旗の形態の一つです。
その歴史は古く、室町時代にまで遡ります。
平安時代より、武家同士の争いでは自軍の象徴として家紋を書いた流れ旗が使われてきました。しかし武家の数が増える、一族内の争いが増えるなどして自軍と敵軍との間で混乱が生じ、流れ旗に代わるものとして開発されたのです。管理がしやすかったことなどから全国に広まり、現代に至ります。
武家同士の争いがなくなった現代でも、この旗は様々な場面で使われています。
大相撲の興業開場では力士の四股名がかかげられています。歌舞伎小屋や芝居小屋では、役者名がかかげられています。
選挙活動でも、立候補者名や党名などを掲げたものがよく見られます。
また、スーパーマーケットや街頭の商店では、商品のPRやキャンペーンの告知などにも利用されています。
デモ行進でも手持ちの旗として利用されることもあります。
どれも共通して言えることは、アピールしたい人やものの名前を書いて掲げているということです。大きく、カラフルであり、また風になびいても大きくめくれて書いてある文字が見づらくなることはあまりないので、遠くからでも見やすく、よく目立ちます。そのルーツからも分かるように、何かを主張するものとしてこの旗は有効と言えるでしょう。
他に「のぼり」の名のつくものに、五月、端午の節句の象徴として使われる「こいのぼり」があります。
こいのぼりは、鯉が竜門と呼ばれる滝を登りきると竜になるという中国の故事にちなみ、男の子の成長と立身出世を願ってかかげられるものです。
しかし、こいのぼりは「のぼり」という名を持ちながらも、その形態は吹き流し型です。
武家から発祥した本来ののぼり旗と異なり、こいのぼりは江戸時代、裕福な庶民や商人の間で武家に対抗するものとして広まった文化です。自分たちの財力を示すためにどんどんと吹き流しの旗をきらびやかで華やかにしていく過程で、鯉を描くことが広まっていきました。
また、同じように長方形の布を使った旗の形態に、横長の横断幕や、縦長の懸垂幕があります。
これらも商品やキャンペーンの宣伝告知や、スポーツやイベント等の応援用の幕として広く使われています。
しかし、のぼり旗が手に持つ、ポールに固定するなどして使われるのに対し、これらの横断幕や懸垂幕は建物などの壁面に固定した状態で用いられるという特徴があります。